[サイト分析を読む]おしりクラブ

当サイトはSMを愛する方々のために、パートナー募集掲示板・体験談・出会いコミュニティの紹介など、様々なSM情報の配信や出会いの場を提供をしています。

[サイト分析を読む]おしりクラブ

SM 出会い

おしりクラブ 登録女性の属性

data

SMプレイの中でも人気が高いのがアナル調教。おしりクラブはアナル調教専門のコミュなので、アナル好きの女性が集まっています。

アナルファックなしに満足できない!という変態M女や、ペニバンでM男のアナルを責めまくるのが好きな女王様までいます。

おしりクラブ 登録女性の年齢

data

アナルに興味を持ち始めるのは性成熟が進んでからの女性が多いようで、年齢層は比較的高めです。

若いうちからアナルに魅せられた生粋のアナルマニアももちろんいます。

おしりクラブ の総合評価

SM 出会い

M女からS女まで、アナル好きなユーザーが多数集まっているので、アナル好きは一度利用してみて損はないでしょう。

浣腸プレイ、アナルファックはもちろん、アナル拡張や異物挿入、アナルフィスト、S嬢によるM男の前立腺マッサージなどなど、様々なアナルプレイが楽しめます。

アナルパートナーを募集するなら”おしりクラブ”で決まり!

おしりクラブ 入口はコチラから

おしりクラブ の体験談

30代会社員のS男です。
私はアナルファックが何よりの快感で、同じくアナル好きのM女と出会いたいと思い利用してみました。

「アナルじゃないと感じることができません。アナルを失神するまで犯してくれるドSな方連絡ください」
という書き込みがあったので、早速このBさんという方に連絡をとりました。

詳しい話は会ってから、と言われて少し戸惑いましたが、実際に会ってみるとかわいらしい感じの方でした。こんな顔してアナル好きの変態なんだからたまんないな。

早速プレイに突入すると、いきなりスカートをまくりあげておしりを差し出された。随分積極的なM女だな。
浣腸して腸内をきれいにしてやり、アナルリングスで肛門を刺激してやると、身体をくねらせながら感じ始めた。 手にローションをたっぷりかけ、指3本挿入しアナルマッサージしてやると下の穴からもローションが垂れ始めた。ご満悦のようだ。

いい感じにこちらも高まってきたのでペニスを挿入し、緩急をつけながら突いてやると締め付けが強くなり、更に硬くなったペニスで突きまくった。
ほぼ同時に果て、もちろん中でフィニッシュした。最高に気持ちよかった。

それから月1~2回のペースでアナルプレイを楽しむ仲になりました。

SM出会いサイト「おしりクラブ」へ行く


SMパートナー募集情報掲示板

SMパートナーを募集したい人はこちら!マナーを守ってご利用ください。

S男×M女掲示板 M男×S女掲示板 アナル×スカトロ掲示板

管理人紹介

SM-SM.JPではSMを愛する方々のために出会いに役立つ情報を配信しております。
皆様に満足していただけるよう、尽力して参ります。
タイプ:ハードS
好きなプレイ:緊縛・首絞めなど苦痛系

ツイッター始めました!
最新情報つぶやきます。

管理人厳選サイト

SM 出会い

歓喜の悲鳴と汗と汁が飛び交う大人の社交場奴隷を飼う、調教するといった、ノーマルの出会い系やソフトSMとは差別化を図っている。紳士、淑女はもちろん、初心者でも敷居を跨ぐことは可能。男女ともに某有名企業、某有名人なども登録。表には出せない性癖から、秘密厳守をもとに奴隷以外にもパトロンや愛人、不倫などの契約を結ぶことで自らのステップアップを図る方も多数。

奴隷契約所 入口
奴隷契約所 サイト分析を読む
SM 出会い

淫乱人妻、熟女の痴態はもはや異常。その体と性を経験すると止められない。持て余してる性欲を発散する為の場所がここにある。旦那の居ない昼の時間帯がピークタイム。人妻との情事は秘密厳守です。

人妻調教倶楽部 入口
人妻調教倶楽部 サイト分析を読む
SM 出会い

マンネリセックス解消。さらに上の刺激を求めてやってくるのがココ。性のステップアップを望むM女が集まることから、調教や教育好きのS男が集まることで有名。もちろん女性もそれを望んでいるので、奴隷やパートナーの成立も高いことで有名。

調教お遊戯 入口
調教お遊戯 サイト分析を読む
SM 出会い

縛る?縛られる?どうするかはあなた次第。服の下には下着では無く「」が存在する。緊縛の練習相手としてパートナーを見つける人。緊縛モデルとしてスカウト。縛られて日頃のストレスから解放され欲求を満たす人。素人から玄人まで。縄師から緊縛モデルまで多数の会員が在籍。限られた中ではなく自分の嗜好に合ったパートナーを幅広く選べるのが最大の魅力。

タイトロープ 入口
タイトロープ サイト分析を読む
Return to Top ▲Return to Top ▲