デブおばさんのマイクロビキニのエロさ

当サイトはSMを愛する方々のために、パートナー募集掲示板・体験談・出会いコミュニティの紹介など、様々なSM情報の配信や出会いの場を提供をしています。

デブおばさんのマイクロビキニのエロさ

2016年04月04日
カテゴリ:露出プレイ
マイクロビキニ

露出が好きだけど、人目につくのは恥ずかしいっていうM熟女とラブホで露出プレイしてきた。
俺以外見る人いないけどさ。

プール付きの部屋でマイクロビキニ着せて、プールで遊んだ。
デブだからマイクロビキニがますます小さく見えるんだよね。
こんな体じゃ、確かに他人に見られるのは恥ずかしいわな。
完全におばさん体形。

プールに入るだけでも、ビキニがずれて乳首が見えてしまう。
マンコはきれいなパイパンマンコだから、毛がはみ出す心配は無く、ビキニのパンツがマンスジに食い込んでいる
もう俺もおっさんだからね、こういう生活感あふれるオバサンの方がエロを感じる。
若い娘にはないんだよな、こういう色香。

あと、若い子だと元気すぎて、俺もうついていけない。
玩具でごまかすしかなくなってきてて、無理だと悟った。
それと比べると、熟女の魅力はかなりのものだ。
俺の動きが遅くても文句は言わないし、でもお互い経験値はあるから余裕をもって接することができる。
一回イけばいい方で、イカなくてもある程度の快感で満足できる。
若い時にはこんなこと思うなんて、思いもよらなかったな。

プールの調教もすぐに疲れてしまった。
まったりとした調教が心地いい。

自分に合った相手と出会えたのは本当によかったと思う。
熟女専門のSMサイトはこの時代に必要だから存在するんだな。

SMパートナー募集中の女性をご紹介

 にゃんちむ/埼玉県/20/ご奉仕プレイ/女性/タイプ:M

SMパートナー募集

今、家出中で友達の家と漫喫を渡り歩いています。親とケンカしちゃった。。。少しの間お泊りさせてくれるところ探しています。料理、洗濯、ご奉仕何でもします。趣味のコスプレは持っているのでコスプレご奉仕もできます。お願いします(´;ω;`)ウッ

ご利用になりたい方はコチラ

こんな記事に興味はありませんか?

SM出会い

SMパートナー募集情報掲示板

SMパートナーを募集したい人はこちら!マナーを守ってご利用ください。

S男×M女掲示板 M男×S女掲示板 アナル×スカトロ掲示板

人気記事

よく読まれるページ

Sorry. No data so far.

管理人紹介

SM-SM.JPではSMを愛する方々のために出会いに役立つ情報を配信しております。
皆様に満足していただけるよう、尽力して参ります。
タイプ:ハードS
好きなプレイ:緊縛・首絞めなど苦痛系

ツイッター始めました!
最新情報つぶやきます。

管理人厳選サイト

SM 出会い

歓喜の悲鳴と汗と汁が飛び交う大人の社交場奴隷を飼う、調教するといった、ノーマルの出会い系やソフトSMとは差別化を図っている。紳士、淑女はもちろん、初心者でも敷居を跨ぐことは可能。男女ともに某有名企業、某有名人なども登録。表には出せない性癖から、秘密厳守をもとに奴隷以外にもパトロンや愛人、不倫などの契約を結ぶことで自らのステップアップを図る方も多数。

奴隷契約所 入口
奴隷契約所 サイト分析を読む
SM 出会い

人間扱いなど皆無。雌豚扱いされる事に快感を感じ、求めるM女達が集まるコミュニティ。会って行為をするだけがSMではない。メール、チャット調教による遠隔命令によって人間から貴方に飼われた家畜に変身します。支配と征服感に満たされる調教。相手も羞恥心が快感に変わり新たな変態性癖が開花することもあります。徹底的にサド/マゾになり切る調教こそSMの醍醐味です。

豚小屋 入口
豚小屋 サイト分析を読む
SM 出会い

SMプレイは非日常を味わえることで満たされるプレイ。中でも代表的なプレイの一つで風俗でもトップ3に入る制服コスプレ「ロリっ子」を自分の思い通りにするプレイは誰もが一度はしてみたいプレイ。もちろん登録者は皆、合法の19歳以上のM女と制服好きの男女。学生の頃にできなかった制服SMプレイが「SM女学園」には存在します。着衣プレイで半脱がしでみっちり教育、説教して「先生ごめんなさい」と言わせてみては!?

SM女学園 入口
SM女学園 サイト分析を読む
SM 出会い

縛る?縛られる?どうするかはあなた次第。服の下には下着では無く「」が存在する。緊縛の練習相手としてパートナーを見つける人。緊縛モデルとしてスカウト。縛られて日頃のストレスから解放され欲求を満たす人。素人から玄人まで。縄師から緊縛モデルまで多数の会員が在籍。限られた中ではなく自分の嗜好に合ったパートナーを幅広く選べるのが最大の魅力。

タイトロープ 入口
タイトロープ サイト分析を読む
Return to Top ▲Return to Top ▲