緊縛シリーズ~脇晒し~

当サイトはSMを愛する方々のために、パートナー募集掲示板・体験談・出会いコミュニティの紹介など、様々なSM情報の配信や出会いの場を提供をしています。

緊縛シリーズ~脇晒し~

緊縛シリーズ~脇晒し~

緊縛シリーズ第九回。今回は女性の脇を晒させる脇晒しのご紹介です。
※長時間の緊縛は危険ですのでやめましょう。被縛者が少しでも様子がおかしいと感じたらすぐに緊縛を中止してください。

脇晒し

脇晒しとは…
普段は見えない脇を晒すようにする縛り方。
後手縛りと違い、頭の辺りで腕を縛ります。
脇フェチの方にオススメです。

<<完成図



1.腕を前方に揃えて、6mの縄を半分に折り、手首に二回巻きます。

2.縄を腕の間にまわし、ループ部分に縄を通し、引っ張ります。
血管を強く締めつけないようにしましょう。

3.手首を後頭部に上げさせ、縄尻を背に下ろします。

4.縄を背中から前方にまわし、乳房の下を通って胴体に巻きつけます。

5.縄を手首から下ろした縄に引っ掛け、また前方にまわします。
今度は乳房の上方を通して巻きつけます。

6.手首から下ろした縄に結んで、縄尻も処理して完成です。

完成☆

※縛りを解く際は縛った手順と逆の順に縄を解いていきましょう。

脇ががら空きになるので、脇をくすぐり責めしたり、ニオイを嗅いだりする責めをするといいでしょう。
他の股縄などと組み合わせても良いでしょう。


緊縛シリーズ~脇晒し~

戻る

SMパートナー募集中の女性をご紹介

 みく/大阪府/21/ソフトSM/女性/タイプ:M

SMパートナー募集

なるべく近場で直ぐ会える方がいいです。オナニー中に急に欲しくなっちゃうときがあるので。とにかくガンガン突かれて最低3回はシテほしいな♪

ご利用になりたい方はコチラ

こんな記事に興味はありませんか?

S女性 出会い

SMパートナー募集情報掲示板

SMパートナーを募集したい人はこちら!マナーを守ってご利用ください。

S男×M女掲示板 M男×S女掲示板 アナル×スカトロ掲示板

管理人紹介

SM-SM.JPではSMを愛する方々のために出会いに役立つ情報を配信しております。
皆様に満足していただけるよう、尽力して参ります。
タイプ:ハードS
好きなプレイ:緊縛・首絞めなど苦痛系

ツイッター始めました!
最新情報つぶやきます。

管理人厳選サイト

[早い者勝ち]~牝豚会員大量入荷~

SM 出会い

春は出会いの季節。日中は暖かくなってきて、昼間に時間のある主婦、人妻、シンママ、JDがたくさん現れる季節です。メスブタといってもデブと言うわけではなく、豚のように家畜、奴隷のように扱って欲しいという女性が多いのがこのサイトの特徴。会員は普段、会社社長や会社の役員、店長など部下が多数いる立場で働いている女性も多い。普段は上から指示する立場が会員になった瞬間、牝豚として扱われる。この至福の瞬間を一緒に過ごしてくれる飼い主、ご主人様を募集しているサイト。早めの段階でアプローチしておかないと乗り遅れますよ

牝豚カタログ 入口
牝豚カタログ サイト分析を読む
SM 出会い

歓喜の悲鳴と汗と汁が飛び交う大人の社交場奴隷を飼う、調教するといった、ノーマルの出会い系やソフトSMとは差別化を図っている。紳士、淑女はもちろん、初心者でも敷居を跨ぐことは可能。男女ともに某有名企業、某有名人なども登録。表には出せない性癖から、秘密厳守をもとに奴隷以外にもパトロンや愛人、不倫などの契約を結ぶことで自らのステップアップを図る方も多数。

奴隷契約所 入口
奴隷契約所 サイト分析を読む
SM 出会い

淫乱人妻、熟女の痴態はもはや異常。その体と性を経験すると止められない。持て余してる性欲を発散する為の場所がここにある。旦那の居ない昼の時間帯がピークタイム。人妻との情事は秘密厳守です。

人妻調教倶楽部 入口
人妻調教倶楽部 サイト分析を読む
SM 出会い

マンネリセックス解消。さらに上の刺激を求めてやってくるのがココ。性のステップアップを望むM女が集まることから、調教や教育好きのS男が集まることで有名。もちろん女性もそれを望んでいるので、奴隷やパートナーの成立も高いことで有名。

調教お遊戯 入口
調教お遊戯 サイト分析を読む
SM 出会い

縛る?縛られる?どうするかはあなた次第。服の下には下着では無く「」が存在する。緊縛の練習相手としてパートナーを見つける人。緊縛モデルとしてスカウト。縛られて日頃のストレスから解放され欲求を満たす人。素人から玄人まで。縄師から緊縛モデルまで多数の会員が在籍。限られた中ではなく自分の嗜好に合ったパートナーを幅広く選べるのが最大の魅力。

タイトロープ 入口
タイトロープ サイト分析を読む
Return to Top ▲Return to Top ▲