緊縛はアートでも注目されている

当サイトはSMを愛する方々のために、パートナー募集掲示板・体験談・出会いコミュニティの紹介など、様々なSM情報の配信や出会いの場を提供をしています。

緊縛はアートでも注目されている

2015年11月15日
カテゴリ:緊縛調教
緊縛

今も昔もSMで不動の人気を誇る緊縛
ただ縛るだけではなく、どう女をキレイに見せるか、どう感じさせるかなど、奥深い世界だ。

最近は芸術としても緊縛が注目を集めているらしい。
SMから離れて、アートとして楽しむというのは何か違う気がするが、それも時代の流れだろう。

普通の人の会話でも緊縛という単語が出てくることもある。
SMをやっている者として、ドキっとしてしまう。
男同士の卑猥な話じゃなく、女が混じっていてもそんな話になるのも、もうエロスとは考えられていないからか。

だが、確実にエロスと考えている人たちも存在する。
そのために女を縛りたい人もいるのだ。
女も性的に見られたいがために縛られたがっているのだ。

SM出会いサイトにはまだまだSM的な緊縛を望むものが多くいる。
SM文化とアート文化は分岐してしまっているとは思う。
SMの緊縛文化をこれからも残していこう。
そんな思いを持つものはどんどん緊縛をして引き継いでいって欲しい。

SMパートナー募集中の女性をご紹介

 るるろろ/兵庫県/27/緊縛プレイ/女性/タイプ:M

SMパートナー募集

いつも自縛して遊んでます。手足も縛られて動けないようにされたいです。本格的に緊縛してくださる方よろしくお願いします。

ご利用になりたい方はコチラ

こんな記事に興味はありませんか?