全頭マスク奴隷との出会い

当サイトはSMを愛する方々のために、パートナー募集掲示板・体験談・出会いコミュニティの紹介など、様々なSM情報の配信や出会いの場を提供をしています。

全頭マスク奴隷との出会い

2015年05月09日
カテゴリ:M女調教体験談
全頭マスク

今までSM出会い系サイトを使って出会った中で一番変わった奴隷の話をしよう。

とにかく顔を見られるのが嫌だとメールの段階から言っていた。
なので写メも顔だけは送ってこない。
他のおっぱいやマンコの画像はバンバン送ってくるのに。

そんな感じだから、会うのは難しいと思っていた。
だが、会いたいと奴隷の方から言ってきた。

どうやって会うのか不思議だったが、奴隷がホテルと日時を連絡してきた。
当日、ホテルの部屋番号を連絡してくるそうだ。
まるでデリヘルだ(笑)

奴隷が先にホテルに行って待っているということのようだ。
だが、顔を見られないわけではないだろう。
その日を楽しみにしていた。

当日、指定されたホテルの部屋へ行った。
鍵を開けてもらい、中へ入る。

どんな顔か確かめようとしていたが、できなかった。
奴隷は全頭マスクを被っていたのだ。
鼻と口の部分は開いているが、目の部分はメッシュになっていて、それだけでは顔立ちはわかりにくい。

全頭マスクを被っていると視覚や聴覚は弱くなるのだが、そのマスクはそこまで分厚くないので、音も聞こえるし、視界も暗いが見えるのだそうだ。

そのまま全頭マスクをはずさずに調教をした。
顔の分からない相手を犯す。
顔が分からないと人というより物というような感覚だった。
意外と興奮した。

それから何度か会うようになったが、なんと未だに顔を見たことがない。
そういう関係も面白いもんだ。

変態の多いSM出会い系サイトにいただけのことはある。

SMパートナー募集中の女性をご紹介

 ひかり/東京都/25/言葉責め/女性/タイプ:M

SMパートナー募集

見た目20歳くらいと言われます。言葉責めや耳とか舐められたりするととんでもなく濡れちゃいます。いつも替えのパンツを持っているくらいです。おもらしにも興味あるので、こんな洪水女でも良い方、たくさんジンジンさせてください。

ご利用になりたい方はコチラ

こんな記事に興味はありませんか?

SM出会い

SMパートナー募集情報掲示板

SMパートナーを募集したい人はこちら!マナーを守ってご利用ください。

S男×M女掲示板 M男×S女掲示板 アナル×スカトロ掲示板

管理人紹介

SM-SM.JPではSMを愛する方々のために出会いに役立つ情報を配信しております。
皆様に満足していただけるよう、尽力して参ります。
タイプ:ハードS
好きなプレイ:緊縛・首絞めなど苦痛系

ツイッター始めました!
最新情報つぶやきます。

管理人厳選サイト

SM 出会い

歓喜の悲鳴と汗と汁が飛び交う大人の社交場奴隷を飼う、調教するといった、ノーマルの出会い系やソフトSMとは差別化を図っている。紳士、淑女はもちろん、初心者でも敷居を跨ぐことは可能。男女ともに某有名企業、某有名人なども登録。表には出せない性癖から、秘密厳守をもとに奴隷以外にもパトロンや愛人、不倫などの契約を結ぶことで自らのステップアップを図る方も多数。

奴隷契約所 入口
奴隷契約所 サイト分析を読む
SM 出会い

人間扱いなど皆無。雌豚扱いされる事に快感を感じ、求めるM女達が集まるコミュニティ。会って行為をするだけがSMではない。メール、チャット調教による遠隔命令によって人間から貴方に飼われた家畜に変身します。支配と征服感に満たされる調教。相手も羞恥心が快感に変わり新たな変態性癖が開花することもあります。徹底的にサド/マゾになり切る調教こそSMの醍醐味です。

豚小屋 入口
豚小屋 サイト分析を読む
SM 出会い

SMプレイは非日常を味わえることで満たされるプレイ。中でも代表的なプレイの一つで風俗でもトップ3に入る制服コスプレ「ロリっ子」を自分の思い通りにするプレイは誰もが一度はしてみたいプレイ。もちろん登録者は皆、合法の19歳以上のM女と制服好きの男女。学生の頃にできなかった制服SMプレイが「SM女学園」には存在します。着衣プレイで半脱がしでみっちり教育、説教して「先生ごめんなさい」と言わせてみては!?

SM女学園 入口
SM女学園 サイト分析を読む
SM 出会い

縛る?縛られる?どうするかはあなた次第。服の下には下着では無く「」が存在する。緊縛の練習相手としてパートナーを見つける人。緊縛モデルとしてスカウト。縛られて日頃のストレスから解放され欲求を満たす人。素人から玄人まで。縄師から緊縛モデルまで多数の会員が在籍。限られた中ではなく自分の嗜好に合ったパートナーを幅広く選べるのが最大の魅力。

タイトロープ 入口
タイトロープ サイト分析を読む
Return to Top ▲Return to Top ▲